入力したドキュメントの書式設定オプションが豊富でなかった時期がありました。当時、作家はしばしば下線を引くことで言葉を目立たせていました。その方法は、今日ではめったに使用されません。多くの場合、ライターは特定の単語を強調するために、下線、斜体、太字、引用符を使用します。よく強調される単語は、船や飛行機の名前、それ自体として使用される単語、外国語、本、映画、歌、その他のタイトルのある作品のタイトルです。

斜体そして下線は、本、詩、短編小説、記事などの作品のタイトルを強調するために今日使用されています。スタイルガイドが異なれば、イタリックと下線のタイトルの基準も異なるため、どちらを使用するかを学ぶ必要があります。

短編:

この本の最初の詩は「アテナの誕生」と呼ばれます。

これがアンソロジーです。「空と海」と呼ばれる物語を見つけてください。

長編作品:

「モッキンバードを殺す」を読んだことがありますか?

彼女の論文のタイトルは「シェイクスピアの悲劇のフェミニズム」です。

本や新聞などの全作品のタイトルはイタリック体にする必要があります。

詩、記事、短編小説、章などの短編作品のタイトルは引用符で囲む必要があります。

タイトル書籍シリーズの名前がイタリック体の場合、より大きな作品を構成する書籍の一部を引用符で囲むことができます。

書籍のタイトルを強調する方法

タイトルのフォーマット方法は異なります。文法規則によって実際に支配されているわけではありません。それはスタイルの問題です。必要に応じて、好きなように強調することができますが、それでは文章がほとんど読めなくなる可能性があります。一貫性も強調するために非常に重要です。そのため、企業、機関、出版物はスタイルガイドに注目しています。

本のタイトルは通常、他の大きな、独立した、または完全な一連の作品と同じカテゴリに分類されます。新聞、交響曲、または出版物。シカゴスタイルマニュアルやAMAスタイルマニュアルなど、イタリックの使用を規定するスタイルガイドでは、そのような作品のタイトルは、テキストで表示するときにイタリックにする必要があると述べています。

一部のライターは今でも使用しています。イタリック体がオプションではない場合は下線を引きますが、一般的には時代遅れと見なされます。これらのガイドラインは、テキストに表示され、他の単語で囲まれているタイトルにも適用されることに注意してください。ページ上部または表紙のタイトルには、斜体や下線は必要ありません。残りのテキストからのそれらの分離は、読者の注意を引くのにすでに十分です。論文のタイトルをイタリック体にする必要はありません。たとえば、表紙に表示されている場合などです。

小さな作品のタイトルを強調する方法

必要だとしましょう記事や本の章のタイトルを書くため。イタリック体にする必要がありますか?短い作品や、独立していないが全体の一部である作品の場合は、引用符を使用する必要があります。以下の例を参照してください。

その新聞記事「SharkEatsMan」を読みましたか?

RobertFrostの最も有名な詩の1つは「壁を修復します。」

タイトルの句読点

タイトルの句読点は一部のライターにとって問題となる可能性がありますが、ルールは実際には非常に単純です。句読点がタイトルの一部である場合、イタリックまたは引用符で囲みます。タイトルに含まれていない場合は、斜体または引用符の外側にあることを確認してください。

キャシーのお気に入りの本は、「風を見た人」です。

ロミオとジュリエットを見に劇場に行ったことはありますか?

最初の文では、タイトル自体が疑問符なので、疑問符はタイトルの一部としてイタリック体で示されています。ただし、2番目の文では、タイトルは質問ではありません。むしろ、文全体が質問です。したがって、疑問符はイタリック体ではありません。

タイトルを強調するための例外

タイトルを強調するための規則は簡単に思えるかもしれませんが、例外があります。たとえば、複数のタイトルがある場合はどうなりますか?たとえば、1冊の本に小説のコレクションがある場合(たとえば、3冊の指輪物語の本すべてを1冊の便利なペーパーバックにまとめます)、コレクションのタイトルはイタリック体または下線付きで、3冊のタイトルはその後、本は引用符で囲まれます。

指輪物語は非常に大きな本です。 「リングの交わり」と「二つの塔」を通り抜けましたが、「王の帰還」にたどり着くまでに退屈で死にかけていました。

If 1つの文に2つのタイトル(たとえば、本のタイトルと章のタイトル)があり、大きい方の作品のタイトルはイタリック体で、小さい方の作品は引用符で囲む必要があります。以下の例を参照してください。

リトルウーマンでは、ベスマーチは第40章「影の谷」で死にます。

これは、テレビ番組のエピソードでも行います。

私のお気に入りのSeinfeldエピソードは「ThePuffyShirt」です。”

運動をしませんか? 次の文章でタイトルを強調できるかどうかを確認してください!

夏の間、ライオン、魔女、ワードローブを読みました。

クラシックフットウェア、エスパドリーユの謙虚な起源を読んだことがありますか。 ニュースウィークのウェブサイトで耐えますか?

パラダイスは詩を失いましたか?

ロードオブザリングの最後の部分である王の帰還は私のお気に入りでした。

ハリーについての情報は、生きた少年を読むことでしか得られません。

生きた少年は、ハリーポッターと賢者の石の本の最初の章です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です