フラウタスとタキトス(タコスドラドスとも呼ばれます)は、それらを区別して、何が違うのかを解読するのが難しい場合があります。それらは非常に似ており、地理的な場所や個人的な好みに応じて、これらの用語は同じ意味で使用されます。両方とも、カリカリになるまで揚げられ、ワカモレやサワークリームなどの調味料がトッピングされたトルティーヤを詰めて巻いたものです。しかし、それらを互いに区別するためのいくつかの詳細があります。

タキトスとフラウタは、サイズ、形状、または準備に使用されるトルティーヤの特定の種類によって分類できます。 。ただし、他のメキシコ料理と同様に、これらの区別は常に実行されるわけではなく、料理と名前は交換可能です。

サイズは重要です

At時々、フラウタとタキトスの決定的な違いはその長さにあります。メキシコの一部の地域では、フラウタは非常に長くて薄く、ブリトーサイズの小麦粉トルティーヤまたは同様のサイズのトウモロコシから作られています。一方、タキトスは、は短いバージョンで、通常サイズのトウモロコシまたは小麦粉のトルティーヤから、またはタキトスが入場料としてではなくスナックまたは最初のコースとして意図されている場合は小さな前菜サイズのものからロールされます。

形とトルティーヤの種類

一部のメキシコ人にとって、巻いたトルティーヤの形が決定的な要因です。フラウタは慎重に丸めて丸くします(そしてそれを維持するために豊富な油で調理します)形)、タキトスは丸めたものではなく、2つ折りのトルティーヤを使用しているのに対し、多くの場合簡単に揚げることができるやや平らな製品になっています

また、多くの場合、フラウタ(「フルート」と解釈されます)という用語は、詰め物の周りに巻き上げられて深い小麦粉のトルティーヤを指すために使用されます。揚げた。時々、これらは、長くて先細の円錐形を作るために、一方の端がもう一方の端よりも狭くなるように丸められます。この基準をフラウタに使用する場合、別の用語であるタキト(文字通り「リトルタコス」)は、牛肉、鶏肉、またはチーズを詰めて同様の方法で巻いたコーントルティーヤを指し、カリカリになるまで揚げます。

さらに複雑なことに、メキシコ中部と南部の多くのストリートフードスタンドでは、非常によく似た商品(通常は詰め物の周りに折りたたまれたコーントルティーヤ)を販売しており、揚げケサディーヤと呼んでいます。 (メキシコシティエリアで発生するように)チーズが含まれていない場合!ただし、ケサディーヤは通常、フラウタまたはタコスが含まれている限り揚げられないため、カリカリの製品がはるかに少なくなります。

自宅で本物のグルテンフリーコーントルティーヤを作る方法

プレゼンテーションと付属品

すべての違いがありますが、フラウタまたはタコスは通常は同じ方法で提供されます。刻んだレタスまたはキャベツの上またはベッドの上に、時にはさいの目に切ったトマト、玉ねぎ、アボカドを添えます。これらはしばしば飾られます。細かく刻んだチーズまたは砕いたチーズとクレマまたはサワークリームを添えて、調味料として2つ以上のソース(多くの場合、赤と緑のソース)を選択して提供します。ワカモレとリフライドビーンズも、タキトスまたはフラウタのサービングの一部として含まれることがよくあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です