治療は、首の痛み、神経根症、および/または脊髄症などの一般的に関連する症状の管理に基づいています。主に首の痛みを伴う患者の治療の中心は、保守的で非手術的な手段です。神経根の衝突に続発する神経根症も、最初は保守的な介入で管理され、選択された場合には脊椎注射が含まれる場合があります。脊髄圧迫による脊髄症は、通常、先天性頸部狭窄に起因しますが、脊椎骨棘および/または軟部組織圧迫の組み合わせによる脊髄圧迫に続発して悪化する場合があります。広範な先天性頸椎癒合および/または非癒合運動セグメントでの過度の運動を伴う患者は、脊髄損傷のリスクが高いと見なされ、そのような潜在的な損傷を制限するために日常の活動を変更する必要があります。過度の頸椎または頭蓋椎骨の動きが潜在的に不安定であると見なされ、脊髄損傷のリスクの増加に関連している特定の場合には、外科的介入が必要となる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です