フロイン症候群は、顕著な脳脊髄液(CSF)キサントクロミー(CSFの黄色の変色)と凝固亢進を特徴とします。タンパク質含有量の増加に。髄液の高タンパク質含有量の原因は、髄膜の炎症と炎症です。偽フロイン症候群は、椎間板の膨らみまたは腫瘍による脊髄ブロックの遠位のCSFの停滞として説明されています。

対麻痺の54歳の男性がの泌尿器科に入院しました。膀胱壁悪性腫瘍のフォローアップのための私たちの施設。患者は、胸椎破裂骨折(T5-7)と脱臼のために20年間対麻痺に苦しんでいました。彼は脊椎の湾曲を維持するために手術による矯正を受けていました。患者は現在、膀胱壁生検を予定されていました。入院時、患者の生命徴候は安定しており、肺機能検査や動脈血ガス分析を含むすべての検査所見は正常範囲内でした。脳/脊椎の磁気共鳴画像法およびコンピューター断層撮影スキャンは、胸椎の破壊および脱臼を除いて、特定の異常な所見を示さなかった。胸部上部または上肢に運動異常または感覚異常は見られませんでした。患者は手術中の注意力を維持したいので、脊髄くも膜下麻酔下で手術を行う予定でした。

初めて脊髄くも膜下麻酔を行ったとき、CSFの流れは非常に乏しく、べたつき、色はダークイエロー。 「与える」と感じ、脳脊髄液の色は外傷性のタップによるものと判断された。脊髄液の投与は、CSFの吸引による確認後に行われました。脊髄くも膜下麻酔が成功した後、患者の精神状態とバイタルサイン、特に呼吸は手術中ずっと安定していた。周術期には頭痛、反射性頻脈、発汗などの特定の問題は観察されなかった。膀胱の2回目の脊髄くも膜下麻酔-がんのフォローアップ手術、腰椎圧迫を測定しました。1cmH2O未満の低い脊髄圧、および厚い密度のためにCSFが自由に排出されないことが観察されました。また、CSFは非常に濃い黄色で非常に粘着性があることが観察されました。 、CSFは吸引によって収集されました(図1)。CSFの細胞数、細胞診、電気泳動、および培養が実行されました。CSF研究は、液体の収集後30分以内に実行されました。患者のCSFは高タンパク質を示しました。 (3,114.5 mg / dl)、正常なグルコース(46 mg / dl)およびCSF /血中グルコース比(0.58)、上昇したT-コレステロール(31 mg / dl)、およびトリグリセリド(5 mg / dl)。細胞数は、白血球(WBC)50細胞/μl(好中球45%、リンパ球55%)であり、赤血球はありませんでした。細胞診では、非定型細胞または悪性の未知の細胞が示されましたが、培養中に悪性細胞または病理学的生物は見つかりませんでした。

写真は脳脊髄液の黄色の変色(CSFのキサントクロミー)を示しています。写真はCSF採取直後に撮影されます。

フロイン症候群では、炎症の閉塞により脊柱管の閉塞とCSFの停滞が発生します。 CSFタンパク質レベルが高いのは、脳脊髄液循環から隔離されたくも膜下腔の特定の領域で、腫瘍自体または血行性因子からの滲出または滲出によって引き起こされます。偽フロイン症候群では、高いタンパク質レベルも観察されます。 CSFで、患者は背中の痛みと脊柱管を訴えます。脊柱管の遮断および腫瘍性腫瘤または椎間板ヘルニアによるCSFの停滞は、隔離されたCSF循環およびCSFの高タンパク質含有量に寄与する。髄膜炎や硬膜外膿瘍などの神経疾患状態における正常レベルの0.15〜0.45 gm / Lと比較して、髄液タンパク質は少なくとも5 gm / Lの非常に高いレベルまで上昇する可能性があります。乾いた蛇口の原因は、針の詰まり、間違ったスペースの針、脊椎手術、およびCSF圧の低下です。脊髄薬物投与の前に、針の回転、繰り返しのタッピング、位置の変更、および吸引を含む多くの試験を試みる必要があります。 CSFの調査は、診断を証明したり、関連する鑑別診断を除外したりするために必要です。 CSFの色の視覚的評価は、通常、神経科でくも膜下出血などの頭蓋内出血を診断する手段として実施されます。 CSFの黄色が観察された場合に、外傷性脊椎穿刺と真の頭蓋内出血を区別するために、キサントクロミーの分光光度分析が推奨されます。総タンパク質、アルブミン、免疫グロブリン、グルコース、乳酸塩、細胞数、細胞診などの日常的なCSF分析は、収集後すぐに実行する必要があります。

通常のCSFグルコース濃度は血清値の50〜60%であり、CSF /血糖比が0.4〜0.5未満の場合は病的と見なされます。 CSF /血糖比は、特にCSF培養に微生物がない細菌性髄膜炎を除外する場合に、より優れた単一の診断指標となる可能性があります。 CSFの保管中、ブドウ糖は分解されるため、CSFの収集後1時間以内に研究を行う必要があります。 CSFのタンパク質含有量が高いと、細菌性、クリプトコッカス性、結核性髄膜炎などの感染性の原因と、くも膜下出血、中枢神経系(CNS)血管炎、CNS新生物、自己免疫疾患などの非感染性の原因があります。ただし、CSF中のタンパク質とグルコースは非特異的で重要ではなく、神経障害の診断と予後のために他のパラメーターが調査されます。 CSF中のコレステロールおよびトリグリセリドのレベルは、結核性髄膜炎、化膿性髄膜炎、ウイルス性脳炎、および水頭症で上昇します。 CSF中のWBC数が5細胞/μlを超えると、細菌性髄膜炎が疑われ、最終的にグラム染色またはCSF培養からの病原体の増殖における病理学的細胞の同定によって診断されます。

ここで説明するケースでは、患者新たに発症した膀胱癌を伴う20年間の麻痺に苦しんでおり、脊髄くも膜下麻酔で異常なCSF特性を示した。したがって、脊椎の腫瘍がキサントクロミーの疑わしい原因であり、CSFの収集直後にCSFの評価が行われた。 CSFグルコースおよびCSF /血糖比は正常でした。 CSFタンパク質とコレステロールのレベルは高かったが、CSF培養では細菌細胞と悪性細胞は見られなかった。

ミラズの偽フロイン症候群の症例と同様に、大きな椎間板ヘルニアが腰椎、この症例は、キサントクロミー、高タンパク質含有量、CSFの顕著な凝固、および脊髄髄膜炎、悪性腫瘍、または膿瘍を伴わないドライタッピングを示した。この症例は、胸椎の破壊と脱臼によるCSFの流れの中断によって引き起こされた、異常な神経学的所見のない偽フロイン症候群であると結論付けられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です