青の時代(スペイン語:ペリオドアズール)は、1901年から1904年にかけてスペインの画家パブロピカソが本質的に単色の絵画を陰影で描いた作品を定義するために使用される用語です。青と青緑の作品で、他の色で暖められることもあります。スペインに触発され、バルセロナとパリで描かれたこれらの地味な作品は、当時は販売に苦労していましたが、現在では彼の最も人気のある作品の一部です。

Pablo Picasso、The Old Guitarist、1903、Art Institute ofシカゴ

この期間の開始点は不確かです。それは1901年の春にスペインで、または今年の後半にパリで始まった可能性があります。ピカソは、厳格な色と、時には馬鹿げた主題(売春婦、乞食、酔っぱらい)を選ぶ際に、スペインを旅したことと、フランスのパリにあるL’HippodromeCaféで撮影して命を落とした友人のCarlesCasagemasの自殺に影響を受けました。ピカソ自身は後に「カサゲマスの死を知ったときに青で絵を描き始めた」と回想しましたが、美術史家のエレーヌ・セッケルは次のように書いています。「この心理学を維持するのは正しいかもしれませんが正当化、私たちは出来事の時系列を見失うべきではありません:カサゲマスがパリで自殺したときピカソはそこにいませんでした…ピカソが5月にパリに戻ったとき、彼は彼の去った友人のスタジオにとどまりました、そこで彼はさらにいくつかのために働きましたピカソが夏にアンブロワーズヴォラールのギャラリーで彼のショーのために描いた作品は、一般的に「まばゆいばかりのパレットとあふれんばかりの主題」によって特徴づけられました。ピカソの心理状態は1901年が続くにつれて悪化しました。

1901年の後半、ピカソは深刻な鬱病に陥り、青い色調が彼の絵画を支配し始めました。ピカソの絵画La mort de Casagemasは、早期に完成しました。彼の友人の自殺の翌年、熱く明るい色合いで描かれました。彼の青の時代の最初と見なされた絵、彼の棺のカサゲマスは、ピカソが大うつ病に沈んでいた1901年の後半に完成しました。ピカソ、通常彼の友人から撤退した外向的な社交家。ピカソのうつ病の発作は数年続くことでした。ピカソのキャリアは1901年以前に有望であり、その年の初めに彼はパリで「スプラッシュ」を作っていました。しかし、彼が社会の貧しい人々や追放された人々などの主題に向かって移動し、クールで苦悩した気分でこれを強調しました青い色合いで、批評家や一般の人々は彼の作品に背を向けました。一般の人々は、青の時代の作品を自宅に展示することに興味がありませんでした。ピカソは彼の出力を続けましたが、彼の財政状況は苦しみました:

彼の写真は、単に憂鬱であるだけでなく、ひどく落ち込んでいて陽気ではなく、一般の人々やバイヤー。彼が社会の貧しい部外者を描くようになったのは貧困ではなく、彼が自分自身を貧しくしたのは彼らを描いたという事実でした。

1901年から1903年まで、彼はカサゲマスの死後の肖像画をいくつか描き、1903年に描かれ、現在はクリーブランド美術館で描かれた悲観的な寓話画LaVieで最高潮に達しました。同じ気分が、ほとんど裸のテーブルに座っている、やせ衰えた盲目の男性と目の見える女性を描いた有名なエッチング「貧しき食事」(1904)に浸透しています。盲人は、ピカソのこの時代の作品で繰り返されるテーマであり、盲人の食事(1903年、メトロポリタン美術館)やセレスティナの肖像画(1903年)にも表されています。

赤外線画像ピカソの1901年の絵画「青い部屋」では、表面の下に別の絵画が描かれています。

他の頻繁な主題には、女性のヌードや子供を持つ母親が含まれます。孤独な人物が彼のブルー時代の作品を支配しています。孤独、貧困、絶望のテーマが浸透しています。おそらくこの時代の彼の最も有名な作品はオールドギタリストです。他の主要な作品には、Portrait of Soler(1903)やLas dos hermanas(1904)があります。

ピカソの青い部屋は彼のローズ期間が続きます。ピカソのうつ病の発作は徐々に終わり、心理状態が改善するにつれて、彼はより楽しく活気のある作品に移行し、気分や主題の変化を表現するためにピンク(フランス語で「バラ」)やその他の暖かい色合いの使用を強調しました

この時期の最後の作品の1つであるシュザンヌ・ブロックの絵画の肖像画(1904)は、2007年12月20日にサンパウロ美術館(MASP)から盗まれましたが、1月に回収されました。 2008年8月8日。

  • 1901、ルグルメ(The貪欲な子供)、国立美術館、ワシントンDC

  • 1901、ハーレクインとその仲間(Les deux saltimbanques )、キャンバスに油彩、73 x 60 cm、プーシキン美術館、モスクワ

  • 1901–02、FemmeauxBrasCroisés(腕を組んでいる女性)

  • 1901–02、Le bock(Portrait de Jaime Sabartes)、The Glass of Beer(Portrait of the Poet Sabartes)、油彩、キャンバス、82 x 66 cm、プーシキン美術館、モスクワ

  • パブロピカソ、1902年、前髪のある女性、61.3 x 51.4 cm、ボルチモア美術館、メリーランド

  • 1902–03、ファムアシス(憂鬱な女性)、キャンバスに油彩、100 x 69.2 cm、デトロイト美術館、ミシガン

  • 1902– 03、ラスープ(スープ)、キャンバスに油彩、38.5 x 46.0 cm、オンタリオ美術館、トロント、カナダ

  • 1903、Desemparats(Maternité、Mèreetenfantau fichu、母性)、紙にパステル、47.5 x 41 cm、ピカソ美術館、バルセロナ

  • 1904、髪のヘルメットをかぶった女性、黄褐色の木のパルプボードにグーチ、 42.7 x 31.3 cm、シカゴ美術館

  • 1903 、La Vie、クリーブランド美術館

  • 1903、悲劇、国立美術館、ワシントンDC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です